指 導 者


合唱指導

小屋敷 真(こやしき まこと)

 武蔵野音楽大学声楽科卒業。小田清に声楽を師事。卒業後は二期会、藤原歌劇団等で多くのオペラ公演に参加し研鑽を積む。1988年より東京混声合唱団(Ten)メンバーとして活躍。日本各地での公演から海外公演、N響をはじめとする各プロオーケストラとの定期公演に参加。

 合唱指揮を田中信昭氏に、オーケストラ指揮法を黒岩英臣氏に師事。ミュンヘン音楽大学で指揮法と声楽を学ぶ。

 東京混声合唱団退団後は日本オペラ振興会(藤原)にてオペラ指揮の分野での活動を中心に活躍。オペラ公演では数々の副指揮を担当。藤原歌劇団の招聘したオペラ指揮者、A・ヴァダーニョに指揮を師事。

 その後、日本オペラ協会や二期会、東京室内歌劇場、横浜シティオペラ、埼玉オペラ、首都オペラ等の副指揮、新国立歌劇場における音楽スタッフ等でも活躍。

 また日本各地の地方オペラにおいても数多くの公演を指揮し、いずれも好評を得ている。茨城県民オペラ、八戸創作オペラ協会、筑波フィオーレ、その他 北海道二期会、四国二期会等、中でも2000年には、福岡オペラ(佳の会)にてプッチーニのオペラ『アンジェリカ』を指揮。ソリストには世界的名歌手E・オブラスツォアを迎えセンセーショナルな成功をおさめた。

 オペラ彩において2001年、2002年の公演で〈モーツァルト〉の『魔笛』『コジ・ファン・トゥッテ』を指揮し高い評価を得、いずれの公演も成功に導いた。ピッコラ・ボッテーガ・デル・テアトロでは、2006年に『椿姫』、2007年に『蝶々夫人』、2008年『フィガロの結婚』公演、響きの森オペラでは2008年『カヴァレリア・ルスティカーナ』、2009年『道化師』、綾瀬市民オペラ2010年、和光市民オペラ2011年の『カルメン』の公演指揮を手掛けた。

 また第九をはじめとする交響曲、宗教曲『メサイア』他、管弦楽曲、ピアノコンツェルト等も、たびたび指揮している。その指揮は常に息づかい(ブレス)を心がけたもので、その情熱的で且つ自然な流れを持つ音楽づくりは常に高い評価を得ており、オペラソリストや合唱団員、オーケストラ団員からの信頼も厚い。



ピアニスト

羽賀 美歩(はが みほ)

 愛知県名古屋市出身。東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。同大学院音楽研究科修士課程古楽科フォルテピアノ専攻修了。
 これまでにピアノを浅井潤子、故堀江孝子、播本枝未子、佐藤俊の各氏、また作曲を寺西誠氏、室内楽を山崎伸子氏、フォルテピアノを小倉貴久子氏に師事。
 2歳よりヤマハにて音楽教育を受け始め、4歳でピアノを、6歳で作曲を始める。テレビ朝日系列局『オリジナルコンサート ~私たちの創った音楽~』に出演し、また台湾、フランスなど、海外公演を含む多数コンサートにて、自作の曲を演奏する。
 大学学部在籍時から、独奏はもとより、主に器楽とのアンサンブル活動も行う。また修士課程古楽科においては、一般的にあまり取りあげられることのない作曲家のピアノ作品について、作曲時の演奏を再現するべく、様式の考察および当時使用されたと考えられるオリジナル楽器やそのレプリカ等を使用し、演奏研究を行った。

 また同時にショパンのピアノ作品をはじめ、室内楽ならびに歌曲作品についても広く研究し、歌曲作品を含めたプログラムでのリサイタルも行う。その際、エラールによって1845年に作られたオリジナルのピアノ(江森浩氏修復)を使用し、修士課程修了時にも同楽器により、ピアノ協奏曲第2番(室内楽版)などを演奏、修士学位を取得する。
 2011年、クレムスエッグ城国際フォルテピアノコンクール第2位。2013年、ブルージュ国際古楽コンクールフォルテピアノ部門第3位。伴奏ピアニストとしては第21回奏楽堂日本歌曲コンクールにおいて優秀共演者賞を受賞する。
 現在は古楽器フォルテピアノ奏者としての活動のほか、器楽や声楽の伴奏ピアニストとしても多数の演奏家と共演している。
 2015年6月には小倉貴久子氏との連弾による浜松市楽器博物館コレクションシリーズCD「美しいアップライトピアノ~連弾の悦び~」が発売。