指 導 者


合唱指導

小屋敷 真(こやしき まこと)

 武蔵野音楽大学声楽科卒業。小田清に声楽を師事。卒業後は二期会、藤原歌劇団等で多くのオペラ公演に参加し研鑽を積む。1988年より東京混声合唱団(Ten)メンバーとして活躍。日本各地での公演から海外公演、N響をはじめとする各プロオーケストラとの定期公演に参加。

 合唱指揮を田中信昭氏に、オーケストラ指揮法を黒岩英臣氏に師事。ミュンヘン音楽大学で指揮法と声楽を学ぶ。

 東京混声合唱団退団後は日本オペラ振興会(藤原)にてオペラ指揮の分野での活動を中心に活躍。オペラ公演では数々の副指揮を担当。藤原歌劇団の招聘したオペラ指揮者、A・ヴァダーニョに指揮を師事。

 その後、日本オペラ協会や二期会、東京室内歌劇場、横浜シティオペラ、埼玉オペラ、首都オペラ等の副指揮、新国立歌劇場における音楽スタッフ等でも活躍。

 また日本各地の地方オペラにおいても数多くの公演を指揮し、いずれも好評を得ている。茨城県民オペラ、八戸創作オペラ協会、筑波フィオーレ、その他 北海道二期会、四国二期会等、中でも2000年には、福岡オペラ(佳の会)にてプッチーニのオペラ『アンジェリカ』を指揮。ソリストには世界的名歌手E・オブラスツォアを迎えセンセーショナルな成功をおさめた。

 オペラ彩において2001年、2002年の公演で〈モーツァルト〉の『魔笛』『コジ・ファン・トゥッテ』を指揮し高い評価を得、いずれの公演も成功に導いた。ピッコラ・ボッテーガ・デル・テアトロでは、2006年に『椿姫』、2007年に『蝶々夫人』、2008年『フィガロの結婚』公演、響きの森オペラでは2008年『カヴァレリア・ルスティカーナ』、2009年『道化師』、綾瀬市民オペラ2010年、和光市民オペラ2011年の『カルメン』の公演指揮を手掛けた。

 また第九をはじめとする交響曲、宗教曲『メサイア』他、管弦楽曲、ピアノコンツェルト等も、たびたび指揮している。その指揮は常に息づかい(ブレス)を心がけたもので、その情熱的で且つ自然な流れを持つ音楽づくりは常に高い評価を得ており、オペラソリストや合唱団員、オーケストラ団員からの信頼も厚い。



ピアニスト

首藤 健太郎(しゅとう けんたろう)

6歳からピアノを、17歳から作曲を学び始める。

作曲を市川景之、松尾祐孝、林達也、鈴木輝昭の各氏に師事。

ピアノを五十嵐直子、平田博通、岡本愛子の各氏に師事。

埼玉県立大宮広陵高校音楽科卒業。

東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。

同大学院修士課程音楽研究科作曲専攻修了。

桐朋学園大学音楽部(副科作曲)、桐朋女子高等学校音楽家(和声)、上野学園附属高等学校音楽家(ソルフェージュ・音楽理論)、洗足学園附属音楽教室(ソルフェージュ)、各非常勤講師。文部科学省認定通信教育添削員。学習院OBブラームス合唱団専属ピアニスト。Shuto Music School 代表。みっけメンバー。藤ノ会メンバー。

作編曲・ピアノ演奏・指導・企画・コラボレーション等、幅広く活動する音楽家を目指している。

主な作品に『Variations for Orchestra』『金子みすゞの詩による歌曲集 第1〜6集』等がある。

 

第18回彩の国・さいたまピアノコンクール F部門入賞

第12回 "万里の長城杯” 国際音楽コンクール 優秀伴奏者賞受賞

第14回 TIAA全日本作曲家コンクール 室内楽部門 審査員賞受賞

第24回奏楽堂日本歌曲コンクール 第20回作曲部門 「中田喜直賞の部」優秀賞受賞

第4回東京国際歌曲作曲コンクール2位(1位なし)

2016年度合唱組曲作品公募ー第27回朝日作曲賞ー佳作受賞

2017年 第28回朝日作曲賞 受賞